マンガ学科

インタビュー

  • LINEで送る

2011年11月4日  インタビュー

公募制推薦入試 先輩の体験談2

前回に引き続き、公募制推薦入試で合格した現1回生にインタビューしました。

 

 

Tくん
公募制推薦入試は「鉛筆デッサン」「色彩構成」の2科目で受験しました。
高校は美術系ではなく、高3の夏から画塾に通いました。
入試対策としては、「学生募集要項&入試ガイド」に載っている
参考問題を数年分取り組みました。なんとかなるよ!

 

 

Kくん
公募制推薦入試は「鉛筆デッサン」「小論文」の2科目で受験しました。
高校は美術系ではなく、デッサンも経験がありませんでした。
入試には「文章を読んだり書いたりすることが好きだった」ことと
高校で行っていた「新聞のコラムを要約し意見を述べる」授業が役立ちました。
鉛筆デッサンでは良い結果は出ませんでしたが、小論文で合格することができました。

 

 

とのことです。
実際の合格者にも美術系の高校生・画塾に通った人・美術系ではない科目で合格した人と
色々な人がいることが分かってもらえたかと思います。
現1回生は受けた入試や科目は違えど、お互いに刺激しあいながらマンガを描いています。
公募制推薦入試の出願は本日まで(当日消印有効)ですので、
気になっている、という方はまず一歩踏み出しましょう!

関連記事

<560561562563564>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。