マンガ学科

インタビュー

  • LINEで送る

2011年11月1日  インタビュー

公募制推薦入試 先輩の経験談1

公募制推薦入試の出願が始まっています。
どんな内容か、生の声を聞きたい受験生もいるのではないでしょうか。
ということで、この入試で合格したマンガ学科生にインタビューしてみました。

 
Mさん
公募制推薦入試は「鉛筆デッサン」の1科目で受験しました。
高校は美術系コースの出身です。画塾などには通っていませんでした。
この入試のための対策は特に行わず、週に6時間ある授業を大切にしていました。
入試本番では、「高校の先生から教わったことに忠実に、いつも通りに」
を心がけて描くようにしました。
これから受験の皆さんもがんばってくださいね!

 
とのことです。この入試では「国語・英語」「小論文」「鉛筆デッサン」「色彩構成」から
1~2科目を選んで受験することになります。彼女の様に1科目でも大丈夫ですよ。

関連記事

<561562563564565>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。