文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年5月13日  ニュース

GRANTAを知っていますか?

 
140513_1
 
『GRANTA』(グランタ)は、1889年にイギリスで創刊された文芸誌です。
日本でいうと、『文学界』とか『新潮』とか、『群像』とか、
他にもいろいろと文芸誌はありますが、
『GRANTA』は、世界中で読まれている老舗文芸誌です。
 
ブラジル、ブルガリア、フィンランド、イタリア、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン等、12の言語に翻訳され、各国で販売されているそうです。
 
その『GRANTA』の日本版が、ついに今春に刊行されました。
創刊号は、英国版との同時発売です。
 
さて、その『GRANTA』最新号(127号)に、
平野啓一郎先生の作品が掲載されています。
「The Bees that Disappeared」(消えた蜜蜂)という最新短篇です。
これは英語版のみが、Online Editionとして掲載されているようです。

こちらからご覧ください。
http://www.granta.com/New-Writing/The-Bees-that-Disappeared
 
 
書き下ろしの作品が、英語で刊行されるということは、なかなか画期的な出来事だと思います。
こうした時代のなかで、学生たちが今後どのように小説を書いたり、本を編集したりしていくのか、とても面白いものを生み出してほしいなあと、漠とした期待を抱いています。
 
 
(スタッフ・竹内里実)

関連記事

<252253254255256>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。