情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2014年5月27日  イベント

【卒業生】個展のお知らせ

 

 

 

 

 

hatano

卒業生個展のお知らせ

 

2012年度 情報デザイン学科卒業生の羽多野加与さんの個展が、

昨日より東京で開かれています!

 

羽多野さんは在学時代より、

ポップで可愛い作風ながらも、人間の表面 / 内面をテーマに、

作品を京都や関東で展示発表されていました。

 

6月7,8日は在廊もされていますので、

ご都合よろしければ是非ご覧ください!

 

============================

※以下転載

 

羽多野加与個展

(ごめん、またあそぼな☆)

 

http://mitsuiart.com/index.html

会場: Space 2*3

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-7-9 西村ビル1F

会期: 2014年5月26日(月) – 6月8日(日) 12:00-19:00 最終日17:00まで

※火・水曜日 閉廊

 

羽多野加与は1990年三重生まれ、2013年京都造形芸術大学を卒業しました。

作品はコミカルな画風ですが、その丹念な描は遠目にはまるでイラストレーターで描いたのかと思わせる技術に裏付けられており非常に強度の高い作品となっています。

 

そしてそのコンセプトはある種の醒めた視線で見た普段隠れている或る種の醜ささえ伴う人間の本質と、

そういった愚かさを知りつつも人間への絶ち難い情を併せ孕み独自の世界を構築しています。

その作品は先月開催された アートコンプレクスセンターに置いてのグループ展「ほりごたつハリケーン」においても高く評価され、会田誠が自身のツイッターで絶賛するなど大変注目を集めました。

 

初日26日には作家も三重から参加してのオープニングパーティーを開催します。また6/7.8も在廊致します。

皆さま是非お気軽にご参加してご高覧下さい。

 

 

関連記事

<467468469470471>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。