情報デザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2014年5月28日  日常風景

工房紹介!!その1

こんにちは情報デザイン研究室スタッフの吉本です。

 

今回は情報デザイン学科にある施設を紹介します!!

情報デザイン学科には、立体工房、マルチメディア工房、印刷工房の三つの工房があり、

学生たちはライセンス講習を受ければ自由に課題制作や作品制作などで各工房を使用することができます。

今回はその3つの工房の中から立体工房を紹介します!!

 

立体03

立体工房では木材の加工や塗装作業をすることができ沢山の学生に利用されています。

ここは立体作品を制作する学生にとってはなくてはならない施設です!!

 

立体01

電動ドリルや丸ノコやなど様々の道具があり

学生たちはそれぞれの制作に合った道具を選ぶことができます。

 

立体02

使い方を誤ると危険な機材もありますが、使い方は工房スタッフが丁寧に教えてくれます。

 

立体04

立体工房スタッフの岡田さんです。

制作で困ったことがあったらやさしくサポートしてくれます。

 

昨年もこの立体工房から沢山の作品が作られました。

今年もこの工房からどんな作品が生まれるのかとても楽しみですね!!!

 

スタッフ:ヨシモト

関連記事

<464465466467468>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。