こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2014年6月6日  イベント

体験授業にあの魔女が・・・

受験生の皆さん、お元気ですか?

体験授業の日が迫ってきました。

来る6月22日(日)

午前(10:00-11:50)

 

体験授業AMこ学クレヨンつ=くり

【午前】世界に一つだけのクレヨンを手作りしてみよう!

子どもたちの描画材で親しまれているクレヨンを、手作りします。 最近では、百均ショップなどでも購入が可能ですが、私たちは便利さと引き換えに、何か掛け替えのない大切なものを失っているのかも知れません。様々な色やかたちのオリジナルクレヨンを手づくりすることで、クレヨンの組成や子どもの環境について考え直してみましょう。

クレヨンの材料である蜜蝋や顔料が、身近な素材であることを理解します。保育士など、子どもと関わる上での「引き出し」の一つになります。 クレヨンの整形は自由ですので、それぞれに個性が表れます。さらに、限られた顔料から混色することで、たくさんの色彩が作られることを学びます。このクレヨン作りのプロセスで経験される「多様性」は教育や保育においても重要なキーワードです。

 

 

 

6月22日(日)

午後(12:50-14:40)

 

魔法のことは=2

【午後】魔法のことば、魔法のアート

アートとは、魔法のようなもの。「魔女の宅急便」の原作者、角野栄子さんをゲストにお招きし、客員教授の目黒実先生とのトークから創作の秘密を学びます。そして、魔女として修行中の少女キキと、「こども芸術」を学ぼうとする皆さんとを重ね、これから地球のどこに向かって飛びたとうとしているのかを一緒に考えてみます。

こども芸術学科はアートの力を身につけ、子どもの未来をさまざまな場面で支える大人になることを目標にしている学科です。物語の創作を第一線で続けてこられた角野栄子さんご自身による「魔女の宅急便」の朗読から始まり、創作の秘密や、子どもから大人への自立を巡ってお話しいただきます。対談していただくのは、絵本「リサとガスパール」を日本で初めて紹介された目黒実先生です。受講生は配布された授業カードに質問や抱負などを記入し、後半ではそれをもとに質問と対話の時間をもち、「こども芸術」の夢を共有します。

 

体験授業はどちらも先着順となります。できるだけ早くお申込みください。

申込みは以下のHPへ。

https://w2.axol.jp/entry15/kyoto-art/step01?f=41

 

 

いよいよ週末は、入学説明会です!!

「保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会」(さんぽう主催)

日時:6月8日(日)13時〜16時

会場:大阪市(梅田)グランフロント大阪北館

(タワーB10階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームB01)

大阪市北区大深町3-7

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

 

関連記事

<269270271272273>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。