こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年6月22日  ニュース

いよいよ本日、体験授業型オープンキャンパス!

先日木曜の放課後、こども芸術学科のBzemi3年次と4年次の有志が、ゼミのティーチングアシスタント(以下TA)、芸術教育領域の大学院生、品川美香さんの提案で美術工芸学科の油画コース見学ツアーを敢行しました。学部1年次から4年次と、大学院のスタジオまでを一気に見せていただきました。
そして、版画工房では、この春、こども芸術学科から大学院の版表現専攻に進学したBzemiの先輩、近藤沙桜里さんが、東京藝術大学名誉教授で本学美術工芸学科客員教授でもある中林忠良先生の銅版画を1回だけ刷らせていただく場面に遭遇!
IMG_2711
IMG_2713
IMG_2725
中林先生はぼくの恩師でもありますので、感無量。
後日、中林先生の判定で、OKとなり無事サインを頂けるか、それともまだ修行が足りないと判定されるのか.. 果たして、近藤さんの刷りは如何に!?
こ学の学生さん達、真剣に作品と向き合う美術工芸学科の学生や作品群を前にして、色々なヒントややる気をもらっていました。気さくに応じてくれた油画コースの皆さん、版表現の皆さん、有り難うございました!
その後、学食で最近名物になっているらしいソフトクリームを食べて小休止した後、芸術教育領域の大学院生でTAの品川さんと同じくTAの梁君、そしてこども芸術学科Bzemi4年次の山下君と堤さんが体験授業型オープンキャンパスのためのクレヨンづくりの仕込みを手伝ってくれました。作業終了はなんと夜10時.. 皆さん、よく頑張ってくれて有り難う!
 IMG_2726IMG_2727IMG_2733
そして、土曜日の拡大定時外授業「こども芸術学概論」では、客員教授の目黒実先生の講義の中で、あの「魔女の宅急便」の原作者、角野栄子さんにお越しいただきました。ずっと学生に内緒にしてきて、サプライズで登場していただいたので、学生達はびっくり!
IMG_2741
なんと盛りだくさんな一週間だったことでしょう..
さあ、いよいよ本日、体験授業型オープンキャンパスです。
こちらの方でも角野栄子さんにご登壇いただく予定です。
受験生の皆さんのご参加、お待ちしています!
(森本玄:教員/絵画)

関連記事

<280281282283284>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。