こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年6月12日  授業風景

凹凸をつくる紙版画|1年次授業

今日も京都では夕方、にわか雨が降りました。

梅雨ですね、皆さんは降られなかったでしょうか?

僕は大きなキャンバスをトラックで荷下ろししようと思っているときに降られて散々でした。

さて、先日の1年次の授業では、紙版画演習を行いました。

IMG_7831

版画の原理は、版の構造によって大きく凸凹平孔の4つあります。そのなかでも、イモ版や紙版画、木版で小学生にも馴染みの深い凸版。版の出っ張ったところにインクを付けて紙を置き、バレンで擦ります。使用するバレンはディスクバレンという商品です。
IMG_7836
プラスチックで出来ているのですがこれがなかなか優れもので、細かなブツブツの出っ張りによって、しっかりと圧をかけて刷り取ることができます。○百円くらいの安物のバレンでは、竹の皮の中身はただの厚紙なので圧力が十分にかかりません。しかし、小学校の授業などでは結構使われています..

 IMG_7917
これが幼稚園や保育所となったら、安物のバレンでは、力の弱い子どもにはしっかりとした刷り方は難しいでしょう。小さな子どもにこそ、ちゃんとした道具を持たせたいものです。それを支援する保育者にも。今年度は、ディスクバレンを新入生に一人1個買ってもらいました。
凹凸を意識して顔をモチーフに版を作り、インクをスポンジローラーで乗せ、ディスクバレンで刷りました。
 IMG_7842  IMG_7913 IMG_7862IMG_7863   IMG_7853 IMG_7847IMG_7851  IMG_7845  IMG_7839 IMG_7836
IMG_7860 IMG_7834IMG_7915
子どもの支援者としては、片付けまで含めて一つの仕事。手間がかかりますが、その手間になれることも大切です。子育てと同じです笑。
学生達も小学生の時にやったことを思い出したり、刷ってみて凹凸の意味が分かってやり直したくなったり、ワイワイと楽しんでおりました。
来週はそれぞれの力作を並べて合評会の予定です。
(森本玄:教員/絵画)
*************************************************************
6月8日、梅田グランフロント大阪10階でのさんぽう主催進学相談会で、
こども芸術学科を訪ねてくれた高校生の皆さん、ありがとうございました!
次はいよいよ6月22日(日)体験授業型オープンキャンパスですよ。
午前は「世界に一つだけのクレヨンを手づくりする」授業、
午後は「魔女の宅急便」原作者の角野栄子さんをゲストに展開する
「魔法のことば、魔法のアート」です。
予約制ですので、お早めにエントリーして下さいね。
詳しくは大学ホームページから!
*************************************************************

関連記事

<263264265266267>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。