舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年6月27日  授業風景

2014年度授業紹介・第四弾

こんにちは

授業紹介第四弾は

2回生以上が履修している、技術クラスです。

この日は舞台音響家の堂岡俊弘先生の指導のもと、

舞台音響について学びました。

IMG_8071

テーマは「録音」と「ミキシング」。

マイクの前に立っている彼女はスマホを見てさぼっている

のではなく、新聞記事を朗読しています。

記事の内容は時事ネタだったり、料理コーナーだったり。

内容を選ぶのも学生のセンスですね。

IMG_8084

その音声を録音しています。

奥の壁にプロジェクションされているパソコン画面に、

録音された声の波形が見えていますね。

IMG_8078録音された音声と、さまざまな音楽をミックスしています。

スマホをいじっている彼女はさぼっている

のではなく音楽を選曲し再生しているのです。

.

いろいろな新聞の記事にいろいろな印象の音楽を掛け合わせ、

組み合わせによるイメージの変化を体感していました。

 

関連記事

<220221222223224>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。