美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年6月29日  ニュース

【現代美術・写真】3回生-展覧会のおしらせと近状報告!

こんにちは、現代美術・写真コースです。

 

ただいま現美・写真コース3回生は前期の授業の一環として、ひとつの展覧会を

作り上げるという目標を達成するため目下活動中です!

そこで今回はその展覧会に関する情報と、どのような活動をしているかを報告したいと思います〜!

 

▼4月某日・・・

1日に2回ほど往復するもくもく号というバスに乗り、3回生みんなで

展覧会を開催する雲ヶ畑小・中学校を訪れました!

趣がすごい〜!どこか懐かしさを感じる雰囲気にわくわく。

10502400_763587477025141_2563334600441229677_n

▼各々校内を歩き回り、この場所で展示するとしたらどんな作品にするか?

こういう作品をやるならどこがいいか?

想像をふくらませ下見をすすめていきます。

10389699_261779300695045_8296461239383171426_n

▼校内の見学が済んだあと、講堂に集まり展覧会を作るにあたり

役割を分担しました!

IMG_4563

▼管理班・展覧会班・広報班・Web班・アーカイブ班にわかれ、

今後の活動を話し合い、この日は見学を終了:)

 

IMG_4562

〜〜〜

 

▼ごく最近の6/27の全体ミーティングのようす。

細かい展覧会の内容が決まり、ロゴも決まり、Webサイトも完成に近づいて

いよいよ大詰めになってきました!!

緊張感が漂っております・・・

1

 

▼そして作品作りも大詰め!?

今回の展覧会に展示する作品は「ムービングアート」という副題を

与えられています!その名のとおり何かしら皆動くものを制作します。

ということでこの人はなにやら機械的な作業・・・何ができるんでしょう?

Bq6UmlkCAAESyX0

〜〜〜

 

そして展覧会についての情報は下記のとおりとなっております〜!

今回の展覧会はなんと1日だけの幻の展覧会。

当日はゲストをお招きし、公開合評も行う予定です☆

足を運べない人もWebでのアーカイブを公開する予定なのでご安心ください。

 

開催まであとわずか、突っ走ってまいります!

 

現代美術・写真コース 3回生

雲ヶ畑広報班でした!

 

 

 

 

—————————————————————————————————

 

10307360_694253077308453_4891515971190146087_n

京都造形芸術大学 美術工芸学科現代美術・写真コース3回生による

1日限定のムービングアートの展覧会です。

 

《会期》
7月17日(木)プレオープン(住民・関係者招待)
7月19日(土)一般公開

 

《会場》
京都市立雲ヶ畑小・中学校
〒603-8863 京都市北区雲ヶ畑中畑町76

 

《アクセス》
▼北大路駅から直通バス(もくもく号)が運行しています。(30分程度)
*運賃 大人500円、小人250円
詳しくは→http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kyouto-rozan/kumogahatabasu.html

 

▼また、京都造形芸大〜出町柳〜雲ヶ畑小学校前を
10:00〜18:00間4往復で、特別送迎バスも運行します。(50分程度)
*運賃100円
詳しくはWebサイト、Twitterにてご確認ください。

・駐車スペースは3台分ございますが、お越しの際は是非送迎バスをご利用ください。

 

Webサイト→(準備中!)
Twitter→https://twitter.com/moving_moku
*バスの時刻表などは、こちらをご確認ください。
アドレス→mokumoku0719@gmail.com
質問等はこちらのアドレスまでお気軽にお問い合わせください。

 

 

—————————————————————————————————

 

関連記事

<419420421422423>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。