マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2011年9月14日  授業風景

授業の様子

秋期コミュニケーション入学のエントリーが始まっていますね。
エントリー期間は9/20までです。

 
夏期コミュニケーション入学には沢山の受験生が参加してくれました。
なので出願不可を出さざるを得なかった人も沢山いました。
前回は出願不可でも気を落とさずに、体験授業で得たものをもう一度思い出して、
秋期コミュニケーション入学もチャレンジして欲しいと思います。

 
もちろん、秋期コミュニケーション入学がはじめての人もエントリー待ってますよ!

 

さて、前期にせっかく写真を撮ったのに紹介できていなかった授業があるので
今回はその様子をご紹介します。

 
「表現技法基礎ⅠB」という、彩色の技術を学び高めるための授業です。

 
最終授業では、見開き2ページのカラーマンガの講評が行われました。
学生それぞれのストーリー・絵柄・色使いを一度に見ることができ、
普段学生の作品を見る機会が少ない私としては、とても楽しめました。

 
学生も自分以外の人が描いているものを、
知っているようで知らないので楽しめたのではないでしょうか。
先生がひとつひとつにコメントされていましたが、それも自分の作品だけでなく
他の人へのコメントも自分の糧にしていけるといいですよね。

 
後期も各授業の様子を少しずつですがご紹介していきたいと思います。

関連記事

<504505506507508>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。