キャラクターデザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2014年8月29日  日常風景

学生ブログより~アイディアの生み出し方~

 

みなさんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

今回は学生ブログということで、学生広報スタッフである

きちさんが「作品」をテーマにブログを書いてくれました。

 

学生ブログはこちらからどうぞ!!

 

 

 

——————————————————————————————————————-

 

きちブログ

 

 

 

どうも~きちです。

 

 

最近とっても楽しいです。

 

 

私が楽しいのはさておき、
7月26日、27日は我らが京造オープンキャンパスがありましたね!

 

 

来てくださった方々、ありがとうございます。

 

 

来れなかった方々は、次は9月20日、21日に大瓜生山祭(学園祭)があるので、是非来てください!

 

 

もちろん、オープンキャンパスに来たことがある方も、
学園祭では各学科が展覧会をしていたり、1年生制作のねぶたも見ることが出来たりするので、
また新たな発見があると思います!

 

 

・・・・・・さて、
今回は「作品」をテーマに記事を書きます。

 

 

私は最近、作品に対しても含め、
総合的に考え方が大きく変わることがあり、
今回のテーマはとてもピッタリなのではないかな、と思っています。

 

 

では、本題!

 

 

考え方が変わったとは・・・・・・?
(今回は作品を主軸にして書いていきます。)

 

 

それは、「創ること」の認識です。

 

 

私は今まで、出しつくされたかのように思われるアイデア達に絶望し、
創ることがとてもしんどくなっていました。

 

でも、ある時考えました。

 

 

「原始の人たちも、現代の人たちも、アイデアの生み出し方って同じなんじゃないか?」と。

 

 

それは今も昔も、

 

 

「自分が見てきたものが頭の中に蓄積されて、
ある時それがひらめきとなって、蓄積されたものとつながり
新しいもの(頭の中で変換されたもの)が生まれているということ」

 

 

なんだと私は思います。

 

 

と、いうことは!
様々な情報が溢れかえっている今、
ひらめきのもとになるものはたくさんある!ということになりますよね。

 

 

だとすると、
様々なものを見ること、知ることが怖くなくなり、
むしろ楽しくなるんです。

 

 

・・・・・・ということがわたしの中で結構大きな変化です。

 

 

今、私、生きてます!

 

 

では!!

 

 

 

 

 

関連記事

<291292293294295>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。