美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年11月11日  ニュース

【日本画】青木芳昭 ゼミ展

img06976a

青木ゼミは「濃い人間の集まり」だ、といわれる。

 

 

素材研究を基盤に個々の表現を追求し

日本画という概念では収まりきれない魅力に満ちたゼミ生9名である。

 

特筆すべきは、墨、膠、箔、岩絵具といった伝統的素材を熟知し、

絹、和紙、綿布、麻布、石膏地、フレスコ漆喰等の支持体を自在に扱い、

9名のうち6名が裏打ち・表具を自分でこなし、

油系絵具を水系化し膠により日本の気候風土に合わせた

最先端の表現まであるといった集団でもある。
京都で日本画を描くというプライドは、

100年先を見据えて描いていることでありホンマモンを描くことである。

 

近年、新日本画のうねりが世界から注目されている。

奇を衒った表現ではなく、一見地味とも思える表現がゼミ生に多いのは

確かな素材を使っている証でもある。

 

多くの方々に観ていただけることが何よりの励みである。

 

 

京都造形芸術大学教授・青木芳昭

 

 

 

 

 

 

 

京都造形芸術大学大学院、青木芳昭ゼミ生一同によるゼミ展を開催します。

 

img06976

img06975

 

 

 

■展覧会名: 『物質から再考する物語』京都造形芸術大学大学院 青木芳昭ゼミ展
■会 期: 2014年11月13日(木)-19日(水) 会期中は無休
■時 間: 11:00-19:00
■会 場: T-ArtComplex【T-ArtGallery】

寺田倉庫 本社ビル2階 〒140-0002 東京都品川区東品川区2-6-10
■アクセス: りんかい線天王洲アイル駅から徒歩3分
東京モノレール天王洲アイル駅から徒歩3分

 

【出店作家】

岩泉 慧    博士課程3回生
浦川 光鹿   博士課程2回生
下村 麻衣奈  修士課程2回生
新免 泉    修士課程2回生
能條 雅由   修士課程2回生
岩橋 悠帆   修士課程1回生
長谷川 早由  修士課程1回生
服部 由空   修士課程1回生
山崎 千智   修士課程1回生

■トークイベント

ゲスト: 青木芳昭(京都造形芸術大学 教授)
立島惠(佐藤美術館 学芸部長)
藤原小百合(T-ArtComplex アートディレクター)
日 時: 2014年11月16日(日)14:00-
会 場: T-ArtComplex【T-ArtGallery】

 

 

img06976d img06976eimg06976b

青木芳昭先生、佐藤美術館立島 惠先生、アートディレクター藤原小百合先生による
貴重なトークイベントもあります。
みなさまどうぞご高覧下さい。

関連記事

<343344345346347>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。