美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2014年11月28日  ニュース

【日本画】画心展作品審査!

こんにちは。

日本画研究室です。

 

先週11/21金曜日は4年生卒業制作中間合評と

『画心展』京都造形芸術大学 日本画研究室選抜 新人作家展の作品審査日でした!

日本画コース教授陣はもちろん、佐藤美術館学芸部長の立島惠先生をお招きし、

画心展審査と中間合評どちらも参加していただきました。

 

まずは中間合評から。

 

 

 

 

あとひと月と少しのタイミングで立島先生から講評いただけたので、

12月末の採点日が楽しみです…!!( ̄▽ ̄;)

 

そして放課後は画心展の作品審査!

 

 

 

一通り作品を見てまわった後に議論されて、順に多数決をとり画心展出品者が決まっていきました!

通学部の選考が終わったら通信教育部の作品審査へ。

 

 

 

通信教育部は搬入出が困難な為、写真にて選考されました。

パワフルな作品が多数寄せられていました…!

 

画心展入選者の発表は本日午後です。

出品した学生は今頃ドキドキしている事でしょう…。

 

尚、画心展は佐藤美術館にて来年の4月に開催予定です!

詳しい日程が決定し次第、ブログ等にて告知させていただきます。

 

 

_____________________________________________________

◆秋のBUKATSUもよろしくお願いします!

11/29のBUKATSUでは模写クラス担当の中神先生が顧問です!!

鳥獣戯画、描いてみよう!(ง •̀ω•́)ง✧

参加者大募集中ですので、どうぞご参加ください!!

 

詳しくはこちら

 

*****************************

美術工芸学科 日本画コース

twitter : @kznhng

*****************************

 

関連記事

<322323324325326>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。