こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2015年1月19日  授業風景

創作の時間  [紙の輪で空間を作る]  小野暁彦先生 環境デザイン学科准教授 2014/12/1、12/8

 

 

 

IMG_8647

 

厚紙のテ-プの輪を親子でつなぎどんどん広げていきます。

大きい輪や小さい輪、いろいろです。

 

IMG_8674

活動ルームいっぱいに輪が広がります。

 

IMG_8954

 

床に広げた輪を立ち上げます!

細い紙の輪の力だけで立体になっています。

巣?家?生き物のようにも見えますね。

 

IMG_8901

IMG_8955

中に入ると違う世界が広がります。

輪から出たり入ったりしてみました。

友達の紙の輪の家にも行ってみました。

 

IMG_9429

 

「創作の時間」の2回目は前回作った輪を一つにつないで

吊りました。紙でできているけれど、一つになると重い!

 

IMG_9468

みんなで協力して吊りました。

網の屋根ができたみたい。

上から見るとまた面白い!

 

IMG_9483

お昼もみんなで紙の輪の屋根の下でお弁当をたべました。

紙の輪がケンケンパーになったり、家になったり、

楽しい創作の時間でした。

 

(村瀬)

 

関連記事

<159160161162163>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。