文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年4月18日  授業風景

授業スタート!

sumamicon

 

 

新年度に入り、先週から授業もスタートし始めました!

 

今日は文芸表現学科の授業の中から

「表現基礎Ⅲ」の授業をレポートします!

IMG_6615

 

表現基礎IIIは2年生の授業です。

1年次に表現基礎Ⅰ・Ⅱの授業で日本語の文章の書き方などを学んだ上で、

表現基礎Ⅲではオーラルコミュニケーション(会話による意志伝達)を学びます。

 

例え、良い文章を書いても伝え方(話し方)が下手だと

相手に伝えたいことが伝わりませんよね?

そして人に話すためには、まず人の話を上手に聞かなければなりません。

 

互いの話し方や聴き方を考えあったり、原稿をもとにスピーチをしたりなど

「発言」と「傾聴」のふたつの態度を様々なシーンで経験していく授業です。

 

IMG_6631

 

 

今回は最初にみんなで円になって座り、

「隣の人の今日のファッションを褒める」ということをしました。

 

IMG_6613

 

隣の人の今日のファッションのポイントを瞬時に判断し

みんなが納得するように褒めポイントを説明します。

しかし、褒められる側は何だか恥ずかしそうにしていました(笑)。

 

 

そして次に「傾聴」についての授業です。

IMG_6627

 

コミュニケーションを構成するものは、話し方やメッセージ内容より

なんと半分以上が態度と表情だそうです!

 

「傾聴」ということは何か、傾聴の姿勢のポイントを先生が話して下さいました。

 

IMG_6635

IMG_6640

 

 

 

表現基礎Ⅲの授業を終える頃に、

みんなのコミュニケーション能力がどう変わっているのか…!

楽しみですね!

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

 

 

関連記事

<206207208209210>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。