情報デザイン学科

【授業風景】日韓デザインDNAプロジェクト始動!

情報デザイン学科では、日々さまざまな授業がおこなわれていますが、

なかでも特殊な授業の1つ、日韓デザインDNAプロジェクトは

韓国総合芸術学校と共同で、お互いの国の「食」をテーマに、

食文化の変化や類似点をリサーチ、発見する

国をまたいだ、プロジェクト形態の授業です!

 

4/25(土)の初回授業では、交流先の韓国総合芸術大学から

金キョンギュン先生におこしいただき、

「食の擬音語・擬態語」「食卓」「市場」「ストリートフード」の

4つのテーマについて、リサーチした結果を発表しました。

 

「食の擬音語・擬態語」についてリサーチしたチームは

「カリッ!」「とろ~!」など、グルメ漫画でよくある擬音語を調べ

擬音語と絵の組み合わせの面白さを発見したり、

 

KUAD01

 

「食卓」についてリサーチしたチームは

一人暮らしの学生の食卓と、実家暮らしの学生の食卓を比較し、

「雑飯」という(料理の見た目を気にしない、簡単即席メニュー!)

新しい食卓のジャンルを発見していました!

KUAD02

KUAD03

なかには、実際に京都の錦市場に行き「市場」をリサーチしたチームや、

地域ごとに特色のある、お祭りの出店や屋台に着目し、

「ストリートフード」についてリサーチしたチームも!

 

ちょっと食べにくいけど美味しい

たこ焼きを、えびせんべえで挟んだ「たこせん」は

関西ならではの出店らしいですよ!

KUAD04

「食」という絞られたテーマにも関わらず、

さまざまな切り口から考えられた発表になっており、

金先生も驚かれているようでした!

 

韓国総合芸術大学の学生が「食」についてリサーチした結果も

金先生からお聞きすることができ、

今後のリサーチのための刺激になったのでないでしょうか?

KUAD05

 

KUAD06

まだまだ日韓DNAプロジェクトは始動したばかりですが、

今回のリサーチ結果がこれからどのように、

発展・展開されていくのか楽しみですね!

 

 

 

 

 

スタッフ:ハシジ

<453454455456457>