こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年5月30日  授業風景

だーるまさんがこーろんだ?!|夏の保育所実習を前に模擬保育

こんにちは!今日は夏の保育所実習を前に、4回生の中村さんが実施してくれた模擬保育(4歳ー5歳)を紹介しますね!

 

はじめは、「だるまさんが」の絵本を読んで皆でくすくすと笑って、

そのあと、作りかたの説明。ゆっくり丁寧に・・・・そして

グループにわかれて一人ひとりつくってみました!

 

IMG_1878[1]

そして

 

IMG_1880[1]

作り終わったらだるまさんのおしり(!)に名前シールを貼ってもらって

 

IMG_1884[1]IMG_1881[1]IMG_1883[1]

10分ほどで、こども芸術学科の4歳児クラスのお友だち(!)はそれぞれのだるまをつくり楽しみました。

 

学科の仲間にむけて模擬保育というのは、緊張するし、恥ずかしかったり、といろいろ余計な思いが入り混じることも多いですが、

目の前の子どもたちに向けて「今何を伝えたいのか、どんなちからをつけてほしいのか」など保育者側のねらいを明確にもっていないといけません。

 

中村さんはねらいの一つに「お友だちと一緒につくる楽しさを感じてもらう」を挙げました。もっと作りたい!という思いになりましたよね笑 私もその一人!

授業後、まだ何も描いていない白い顔なしだるまを頂き・・・

 

 

IMG_1888[1]

こんなのできましたーーーー!えっ、これ私?

2歳の「私」は、だるまを握りしめ「か・た・い」と低い声で言ってから、「めー」「くちー」と言いながら一瞬で書き上げました。

 

ではまた報告しますね!

 

(平野知見:教員)

関連記事

<232233234235236>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。