アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年4月18日  授業風景

芸術表現特講Ⅰ 野村誠さん

ブログ用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、プールがとても苦手で嫌いだったというお話からはじまった野村さんの講義。苦手な部分を好きな音楽として楽しむという発想から、プールを楽器としてとらえた水中音楽の映像を見せていただき、一気に会場は野村さんのお話に引き込まれていきました。

中学生との「ふくおかトリエンナーレ」のお話や、はたまた、野菜の根っこの楽譜(根楽)のお話など、世界のすべてが楽譜なんだという発想のおもしろさに、学生たちは講義終了後も野村さんを囲んで熱心に質問し、語り合っていました。

 

以下、学生の感想より抜粋。

「演奏する人と聞く人という2者しか音楽の世界にはないと思っていましたが、必ずしもそうではないということを知ることができました。」

「作曲(クリエイト)だけだと自分一人で済みますが、演奏を人と一緒に協力して行う、行ってもらう(プロデュース)ことで、音楽を通じて人の中に何かが生まれたり、人と人の間にも何かが生まれるということが新鮮でした」

「子どもからみて必要なのは、自分自身を楽しんでいる大人なのだと感じました。また、アート活動はやることに意味があると思いました。芸術はやっぱり世界を救えるのですね。」

 

 

◎研究室運営のホームページはこちら

関連記事

<437438439440441>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。