文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年4月19日  授業風景

進々堂百周年社史プロジェクト

 
新元ゼミでは、株式会社進々堂の100周年社史制作を任され、
この一年間、企画から取材、調査、原稿執筆にとりくんできました。
6月5日に迎える百周年記念式典めざし、社史づくりも大詰めを迎えています。
 
130419_1
 
この日は、「口絵」と呼んでいる写真を並べたイメージページのラフづくり。
さまざまな雑誌や本、資料などから、イメージに近い写真を選んでいます。
 
130419_2
 
足りないものは手描きラフを作成し、
それを元に社長へプレゼンテーションをしました。
無事OKをもらうことができて、全員ほっとするのもつかの間、
翌日にはラフを元にした写真撮影を行なうため、
進々堂との調整(工場や店舗撮影の準備)や、
カメラマンやデザイナーとの打ち合わせなども行ないました。
 
130419_3
 
この春から3回生となり、新しくゼミに加わった下級生たちは、
年表のための資料集めをお手伝い。
 
この記事は少し前の様子でして、
実はもうすぐ入稿、現在修羅場を迎えています(笑)。
みんながんばれ!
 
 
ところで進々堂さんは、今年で100周年を迎える京都の老舗パン屋さんです。
大学のカフェにも進々堂さんのパンが売られているので、
学生の皆さんはお馴染みですね。
 
私はいつもお昼が遅いので、たいがい売り切れていて残念なのです・・・。
 
(文・たけうち)

関連記事

<344345346347348>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。