環境デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月28日  授業風景

10月21日ー第4回環境デザイン演習Ⅱ

10月21日の環境デザイン演習Ⅱでは、伝統的建造物保存地区の祇園新橋と産寧坂を訪れました。

 

白川と桜の並木が迎える祇園新橋には、本2階建ての立派な町家が軒を連ねています。明治以前の2階が低い町家とは異なり、祇園新橋の町家は、茶屋として2階を使えるように、建設当初から本2階建ての茶屋様式で建てられています。そして、石垣で囲まれた閑静な石塀小路を抜け、産寧坂に着きました。道に沿って並ぶ多くの町家が商業圏を作り、世界中から観光客が訪れる活気溢れる町並みを形成しています。京都を代表するふたつの伝統的建造物保存地区で、私たちは町家建築の形成と変化について学ぶことができました。(TA:大学院修士1年 シン ユンジョン)

 

 

 

 

祇園新橋 白川沿いの桜並木は春必見です。

祇園新橋 白川沿いの桜並木は春必見です。

祇園新橋 前田先生から茶屋様式の町家の説明を聞きました。

祇園新橋 前田先生から茶屋様式の町家の説明を聞きました。

閑静な石塀小路を歩きました。

閑静な石塀小路を歩きました。

産寧坂は観光客でいっぱいでした。

産寧坂は観光客でいっぱいでした。

 

 

 

 

関連記事

<110111112113114>

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。