環境デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月23日  授業風景

10月14日-第3回環境デザイン演習Ⅱ

10月14日の環境デザイン演習Ⅱでは、嵯峨鳥居本を訪れました。秋空のもと、嵐山の竹林の道を抜け、北へ北へと歩くと、京都の伝統的建造物群保存地区のひとつである嵯峨鳥居本保存地区に着きます。清滝へと続く長さ約600メートルの通りに沿って、木造の伝統的建造物が並ぶ、昔ながらの穏やかで静かな町並です。町並みを抜けた先には、緑に覆われた茅葺き屋根が美しい平野屋茶店を背景に、朱色の一之鳥居が建っています。そして、たくさんのユニークな表情の羅漢さんたちが並ぶ愛宕念仏寺を訪れ、秋の気配を感じる嵯峨野を後にしました。(TA:大学院修士1年 シン ユンジョン)

一之鳥居の前で偶然会った外国人観光客と一緒に記念撮影

一之鳥居の前で偶然会った外国人観光客と一緒に記念撮影

愛宕念仏寺のそれぞれの顔が異なる羅漢たちの中で

愛宕念仏寺のそれぞれの顔が異なる羅漢たちの中で

嵯峨鳥居本の町を歩く

嵯峨鳥居本の町を歩く

嵯峨鳥居本の民家

嵯峨鳥居本の民家

関連記事

<112113114115116>

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。