マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月29日  授業風景

キャリアガイダンス

 

最近、急に冷えてきましたね。

副手の黒田です。

 

昨日10/28、三回生のゼミの時間を使い、キャリアガダンスが行われました。

キャリアガイダンスとは来年から本格的に就活が始まる三回生へ向けた、就活の心得等を就活を終えたばかりの四回生から話を聞こうという特別授業です。

 

今回話をしてくれたのは四回生の北さん、岩井さん。

北さんはマンガ広告会社、岩井さんは家電量販店への就職と同じマンガ学科生ながら全く違う業界への就職。

これは色々な経験談を聞けました。

 

P1140560

 

マンガに携わる仕事をしたかったという北さんは、『マンガ学科』というワードで興味を引き、面接を勝ち残っていったそうです。

対照的に岩井さんは、『マンガ学科』というワードを出すだけで顔をしかめてしまう面接官も少なくなかったらしく、マンガ学科のことはあえて伏せ、携わったプロジェクトで何をしたかというアピールで面接を突破!

自分が受ける業界、職種でアピールの方法を変えるのは考えないといけなさそうですね。

二人が何度も「ものは言いよう」「隠すべきところは隠し、出すべきところは出す」と言っていたのがとても印象的です。

とにかく早いうちからどれだけ準備、対策ができるかに当然ながらかかっています。

 

二人の話を聞いて刺激を受けた学生がほとんどだと思います。

来年度の就活、職員一同応援しております!

関連記事

<203204205206207>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。