映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年11月12日  授業風景

赤松陽構造先生特別授業

日本の「題字」(タイトルデザイン)の第一人者である赤松陽構造先生の特別授業が試写室で行われました。

 

5

 

今期で3年目となる特別授業は1回生向け「映画基礎ⅧB」の授業内で行われ、400本以上の映画タイトルをデザインして来た赤松先生のお話に学生たちは耳を傾けていました。

 

先生がこれまでに作られた「題字」の映画作品の抜粋を紹介してもらい、一本一本の「題字」の成り立ちや意図などをお話していただきました。

 

3

 

今日授業を受けた1回生たちは来期のゼミでどんなタイトルをデザインするか楽しみです。

 

なお赤松先生の著書が来年2月に出版予定されています。

『映画タイトルデザインの世界 赤松陽構造の仕事(仮)』(フィルムアート社)

興味のある方はぜひ手にとってみて下さい。

関連記事

<410411412413414>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。