こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2015年11月25日  授業風景

クリスマスに向けて

11月もそろそろ終わりに近づき、少しずつ寒くなってきましたね。

こども芸術大学ではこの時期からゆっくり12月のクリスマスに向けて親子で手仕事をして楽しみます。

 

クリスマスの名作絵本『まどからのおくりもの』を読んでもらったあと、

自分たちでクリスマスブーツを作ることにしました。

 

IMG_9289

まずは下絵を描きます。

細かくデザインし、イメージを膨らませていく子が今年は多かったです。

何色の糸で縫うのかまで、きっちり決めているようですね。

IMG_9380IMG_9386

さあ、下絵ができたらブーツをつくろう!

子どもとお母さんで一緒にチクチク縫います。

IMG_9445

親子で一緒に針と糸を使うこの時間も特別なものです。 

 

大人がやると早くて丈夫に縫えるのですが、子どもが自分で作ったんだと感じられるよう、お母さんもお手伝いをします。

IMG_9444

こちらはバス好きの年長さん。

器用に針を使ってすいすい縫っていきます。

家でも「ミシンやってみたいな」と話したりしているそうですよ。

目指せ手芸男子ですね。

IMG_9441

ブーツには大好きな京都市バスのほかに宮城県のバスも描いています。

 IMG_9442

今日はまだみんな完成しきっていないので、これから少しずつ朝の時間などに親子で作り続けていきます。

IMG_9429 IMG_9452

 

このほかにも毛糸でクリスマスリースのボンボンを作ったり、

IMG_9370

お山のどんぐりを貼りつけてクリスマスツリーを作ったりと、いろいろ工作を楽しんでいます。

IMG_9355

IMG_9374

(村井)

関連記事

<9293949596>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。