プロダクトデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年11月26日  ニュース

Sony Design: MAKING MODERN

sony

11月27日(金)から29日(日)までの3日間、京都造形芸術大学瓜生館において、「Sony Design: MAKING MODERN」が開催されます。

この展覧会では、ソニーデザインを代表する近作に加え、春の銀座展で好評だった歴代モデルのデザインが3日間限定で一堂に並びます。

また11月28日(土)の15:00~17:00に、以下のソニーデザインのリーディングメンバー6名が顔を揃え、トークカンファレンスが行われます。

1.「ソニーデザインの役割と深化」 長谷川 豊 (クリエイティブセンター センター長)

2.「今に引き継がれるロボットデザイン」 沢井 邦仁 (デザイナー)

3.「アートディレクションから生まれたCMFの現場」 詫摩 智朗 (チーフアートディレクター)

4.「コンテクストを理解し、新たなコンテクストを創造する」 田幸 宏崇 (チーフアートディレクター)

5.「なぜソニーはオリジナルフォントを創ったのか」 福原 寛重 (チーフアートディレクター)

6.「ビジネスインキュベーションでのデザインの役割」 石井 大輔 (チーフアートディレクター)

ソニーデザインの最前線の話を伺うことができる、大変貴重な機会です。参加をご希望の方は、以下サイトよりお申込みください。

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/info/makingmodern_kyoto/index.html?s_tc=sd_mmkyoto01_zkd&ad_id=39&ad_type=1

関連記事

<9899100101102>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。