舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年12月3日  授業風景

本番まであと2日!『お気に召すまま』!!

皆様!おはようございます!
本日のブログは、8期生演技演出コースの東久保拓己が担当いたします!
 .
さて、本番まであと2日!いよいよ逃げも隠れもできなくなってまいりました。(笑)
この『お気に召すまま』という作品は、
『真夏の夜の夢』『空騒ぎ』『十二夜』などに次ぐ、W.シェイクスピアの傑作喜劇の一つです。
純粋な面白い笑い。噛みしめるような笑い。一見、笑いではない笑い。
ただ笑えるというわけではなく、様々な種類の笑いの仕掛けが戯曲の中に張り巡らされています。
その仕掛けを、「セリフ」と「体」という道具を使って舞台に設置してお客様を引っ掛けることが
私たち役者の仕事です。
とても難しい仕事ですが、演出の鵜山仁さんのもと、皆一生懸命に食い下がっています!
役者はもちろん!8期生一同、劇場にて心よりお待ちしております!!!

関連記事

<134135136137138>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。