こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年2月10日  ニュース

こ学卒業生、働いてます。アトリエやっほぅ!! 京都市ふしみ学園

寒い日が続いていますね。

 

さて、昨日、仕事が早く片付いたので京都の繁華街にある同時代ギャラリーに行ってきました。

三条通りと寺町通りの交差した西側にあるこのギャラリー、1924年竣工の趣きある元新聞社ビルの1階にあります。

 

とてもカラフルで力強いクレヨン画や、かわいい絵画や版画、陶器の作品などが沢山展示されています。

「やっほぅ!!ギャラリー 冬のワンダーランド2」と題されたこの展覧会は、京都市ふしみ学園という生活介護事務所のなかにあるアトリエやっほぅ!!で、知的に障がいのある方が作られた作品を展示しています。

 

こども芸術学科を卒業(4期生)して萱原君と森口さん他、スタッフ総勢4名で搬入したそうです。タイミングよく卒業生の二人に会うことが出来ました。当たり前ですが、学生の時よりも、しっかり頼もしいスタッフの顔つきになっていました。

 

16やっほう同時代ギャラリー画像

歴史のある落ち着いたギャラリー空間に、センスよく展示がされていて、手頃な値段で販売もされています。なかには非売品もありますが、二人がいろいろと解説をしてくれました。

 

ぼくは平面のイメージを立体に出来てしまう利用者の方の作品に魅せられて、あれも欲しい、これも欲しい..と思わず物欲全開で4点購入してしまいました。

IMG_1909

イエローサブマリンのカード立て!これは買っとかなきゃ。

 

IMG_1913

 

 

 

あっ、後ろにスクリューが!!

 

IMG_1915

 

ムーミンの家のような、背が高い建物、

 

IMG_1916

 

 

パオのようなかたちの丸い屋根の家。

合わせて3000円程!

森口さんが手早く包んでくれました。

 

ああ、おサルが寝ているのもよかったなぁ..

 

もう少しゆっくり鑑賞したかったのですが、次の予定のためにバタバタとお話しした後、購入をしてギャラリーを後にしました。

 

この展覧会は2/14のバレンタインデーまでやっています!!

とても見応えのある展覧会ですし、他ではなかなか買うことの出来ない手作り作品、グッズも購入できますよ!!誰かへのプレゼントにもいいと思います!

 

DM案内と、アトリエやっほう、京都市ふしみ学園の情報をいただきましたので、

詳細は下に掲載させていただきます。

 

やっほう1-2 やっほう1-1

 

 

やっほう2-1

 

やっほう2-2

では、京都近郊で興味を持たれた方は、ぜひご覧下さい。そして、卒業生の萱原君、森口さんがいたら、スタッフならではのお話をしてくれることと思います。

お二人さん、ステキな笑顔で解説してくれて、ありがとうございました!

 

(森本玄:教員)

関連記事

<226227228229230>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。