歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年2月15日  ニュース

しまね景観賞において「村上家資料館」が奨励賞を受賞しました!

立春も過ぎ、梅の花が咲き出していますね! 歴史遺産学科副手です。

 

さて、今回は歴史遺産学科の学生たちも関わり、復元・整備いたしました

鳥取県隠岐郡海士町の「村上家資料館」に関して嬉しいニュースです!

 

村上家は隠岐に御配流された後鳥羽上皇のお世話をしたという隠岐を代表する由緒ある旧家です。

海士町では、その村上家の屋敷を資料館として整備しました。

 

そしてこのたび、村上家資料館が「しまね景観賞」の公共建築物部門において奨励賞を受賞しました!

20160212095527-0001

 

「しまね景観賞」は、島根県の魅力ある島根の景観づくりに貢献しているまちなみや建築物、活動等が認められ、表彰されます。

 

20160212095553-0001

 

平成24年度からはじまりました村上家の復元・整備には、夏休み期間に本学科の学生も関わらせていただきました。

村上家庭園発掘中

 

埋もれた庭の発掘・測量。そして復元後の整備など、貴重な体験をさせていただきました。

上の写真はちょうど庭の測量をしている作業写真です。

 

P1040634

 

また、村上家修復中に取り外された襖の下張り文書も丁寧にはがして記載内容の調査をしました。

 

P1040546

 

 

そのほか、資料館のお手伝いとして、「今坂氏旧蔵文書※」の調査にも参加しました。

※「今坂氏旧蔵文書」…海士町の旧家から新たに見出された古文書。

 

P1040542

 

1点ずつ写真を撮り、法量(寸法)を計測し、調査票に内容等を記録していきました。

 

今回の受賞をうけて、関わった学生と共にとても喜ばしい気持ちでいっぱいです。

心からお祝い申し上げます。受賞をおめでとうございます!!

 

 

関連記事

<112113114115116>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。