文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年2月29日  ニュース

小説のスピードはとても遅い

 
2月27日より、卒業展がはじまりました。
4回生の中西一貴が書いたFBより、一部を抜粋して以下転用します。皆さま、ぜひ卒業展へお越しください。
 

 
 
はっきり言って、小説という長い長い読み物を、展示という形で見せることには、どうしたって限界があります。
100ページあまりの文章を、限られた展示期間中に、首ったけになって読み切ることは、まず不可能です。
だからきっと、私の作品が、展示期間中に読破されることはないのでしょう。
 
小説は、長いし、かったるいし、疲れるし、まどろっこしいし、重い。
小説は遅い。
写真や絵画や映像、音、彫刻、その他ありとあらゆる表現分野に比べて、小説のスピードはとても遅い。
 
でも、小説は残る。
 
なによりも遅い小説のスピードは、ヒト一人の一生に寄り添うように、一人一人の歩幅と同じ速度で進み続ける。
 
だから、小説はいつか必ず読まれるときがくる。
作者が未だ見ぬ読者を信じ続ける限り。
 
なので、
きてください。
 
きっと小説は読み切れないでしょう。
せいぜい、冒頭数行くらいでしょう。
それでも、きてください。
 
四年間、もがいてもがいて、走り抜け、思いっきり笑ったり泣いたりしたすべてが、この大学の中にあります。
私だけではなく、もちろん、この卒展に関わるすべての4回生の。
 
 
sotsuten_01
sotsuten_02
sotsuten_07
sotsuten_06
sotsuten_03
sotsuten_08
sotsuten_04
 
2月27日~3月6日
10:00~18:00
京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
〒606-8271 
京都市左京区北白川瓜生山2-116
http://www.kuad-sotsuten2015.com/
卒業展は、3月6日(日)まで、
10:00〜18:00のあいだオープンしています。
 
 
(スタッフ・竹内)

関連記事

<145146147148149>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。