美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2016年2月28日  イベント

【染テキ】卒業展覧会、はじまりはじまり!!!

卒業展はじまりました。

 

昨日は美術工芸学科の講評会。

いつもは日本画からはじまりますが、今年は現代美術写真から。

上にも下にもたくさんの人。

どんな辛口コメントが飛び出すでしょうか。

 

P1030616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストは、国立国際の中井先生と、インドからの芸術家さんお二人。

瀬戸内芸術祭が3月20日からはじまりますが、お二人はそちらで制作展示をされるようです。

 

P1030613

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通訳はエリック先生。そして、現代美術写真の学生さんとアルトテックの柳生さん

ぞろぞろぞろと回診が始まります。(わたしはこの回診が好きです。)

 

今回のコース

現代美術写真→総合造形→染織テキスタイル→油画→日本画

 

ということで、染織の番がまわってきたのであります。

 

P1030623

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の作品は、じっくりと技法、素材、テーマに向き合った作品が多く見られると思います。

お着物、型染め、板締絞、古典模様、七十二候、色、テグス、柄

 

P1030661

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!実は、ジュエリーやインクジェットの洋服。インスタレーションもなかなか、

オモシロいコンセプト。自分と自分の関係性や自分と他人との関係、家族、そこには学生自身の今考える悩みや疑問、考えが良く現れている作品だと思います。オモシロいです。

 

P1030667

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、自分で身につける事のできるアートなので、その点も注目して頂きたいですね。

 

今回一番よく売れているのは手拭のシリーズ。

そして、よくお声がかかっているのは、大塚さんの着物です。

 

P1030626

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四万十川をテーマに作った、真ん中の水色のお着物。

とても美しいです。

是非、作家と話かけて頂き、作品1つ1つのストーリーを聞いて頂けたらと思います。

 

P1030640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030644

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<128129130131132>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。