アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年4月4日  ニュース

美術館調査報告書2015が完成しました!

IMG_4850

2015年度の美術館調査報告書「わたしたちがみた当世美術館事情10」がこの度刊行されました。

2006年から発行を続け、今回のが記念すべき10冊目となります。

赤と金色の表紙が目立っていてとてもいい感じです。めでたい!

 

こちらは一冊1,000円(税込)で販売しております。

数に限りがございますので、ご購入を希望されている方はお早めにお申し込みいただくことをお勧めします。

 

お申し込みは下記のリンク先よりどうぞ↓

http://asp-k.com/publish/index.html

 

最後になりましたが、本調査にご協力いただきました美術館、アートセンター及びオーケストラ団体の関係者の皆様、街頭アンケートにお答えいただいた皆様には、厚く御礼申し上げます。

 

 

詳細

 

わたしたちがみた当世美術館事情 10
15年度美術館調査報告書
A4/267頁/2016.2.28発行/1,000円(税込)
美術館・アートセンターの現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第10号。

 

第1章 美術館の「理想」と「現実」

 都道府県別にみる美術館事情
 人はなぜ美術館に行くのか~80人の『声』からみる美術館~
 開館までの歴史から探る現状と課題

 

第2章 美術館の「お客様」と「おじゃま虫」

 他言語対応の現状と課題
 未就学児とその保護者を取り巻く環境

 

第3章 美術館の「変化するもの」と「変化しないもの」

 SNS活用の現状について
 恒久展示作品の現状と機能

 

第4章 美術館の「変化するもの」と「変化しないもの」

 アウトリーチ活動は誰のもの? プロフェッショナル・オーケストラ楽団員へのアンケートから

 

asp

 

関連記事

<144145146147148>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。