アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2016年5月6日  イベント

ASPer2016スタートしました!第一回レポート

みなさんGWはいかがお過ごしでしたか?
今年の京都は運良く天候に恵まれていたので、府外から遊びに来られた方も多かったのではないでしょうか。
そんななか、GWの初日にあたる4月29日に、アートプロデュース学科では、高校生アート・サポーター・プロジェクト(ASPer:エスパー)の第一回目をARTZONEで開催しました。

 

_MG_4844

 

この日のテーマは『「アート」のサポーターって?』。

 

作品をつくるのはアーティスト。それを見るのはわたしたち。では、アート”をつくるのは誰?

アートが生まれるには、それを見て、意味を考え、その価値を伝えていく人々が不可欠です。

アートサポーターの役割がなぜ、いかに重要なのかを、「アート」を「恋」に見立てたユニークなエピソードなどを交えて、学科長の福先生がレクチャーをしました。

 

_MG_4830

後半は、アートの現場を実際にその目で見てもらおうと、ARTZONEで開催中のファッションの展覧会『STRIVE AGAINST FATE』をみんなで鑑賞しました。

 

この展覧会はアートプロデュース学科4回生の穐吉さんの企画によるもの。

本人に登場してもらい、展覧会を企画した趣旨、テーマである「ファッション」や「ジェンダー」についての穐吉さんの考えと、それに関連させた展示内容などについて話してもらいました。

 

_MG_4884

_MG_4874

配管を大胆に使った展示構成には驚きの声が。

展示されている服は、どれも普段お店で売られているもの。

こうやって、見せ方一つでも工夫をすることで、見る人に様々なことを考えてもらうことができ、それによって物の価値やさらには見た人の価値観を揺さぶることができるのです。

 

_MG_4918

_MG_4902

会の最後には、ASPerの証であるASPerバッジの「A」を参加者全員にプレゼントしました!

このバッジを持っている人は、ARTZONEで開催するイベントに参加することができます。

 

IMG_6142

次回以降も、ASPerでしか味わえないプログラムを用意しています。

友達も誘ってぜひ一度参加してみてください。

 

——————

 

次回予告

 

第2回 6月19日(日)14:00-17:00

アートに会いに行こう!

京都の街なかでは、たくさんの「アート」が起こっています。ARTZONEと周辺のギャラリーをめぐりながら、さまざまなアートに会いに行きます。ツアー後はみんなで、それぞれの感想をおしゃべりしましょう。

 

※行き先に博物館が含まれる為、高校生の人は、身分が証明できるもの(学生証または生徒手帳)を必ず持参してください。

 

 

■申し込み方法

 

主な対象者:高校生(その他の方はお問い合わせ下さい)

下記に参加者のお名前/高校名/学年/参加希望日をご連絡ください。

 

京都造形芸術大学アートプロデュース学科

電話:075-791-9296  FAX:075-791-9429

e-mail:info@artzone.jp

 

※メールの場合は、件名に「ASPer申込み」を記載の上お送りください。

 

ASPer

asp

 

関連記事

<137138139140141>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。