美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年6月1日  ニュース

【日本画】2年生 衣服合評

 

こんにちは日本画コースです。

 

少し遅れましたが先週金曜日に行われた2回生の合評について書きたいと思います!

 

今回のテーマは衣服と言う事で、自分の思い入れのある服を個性豊かに配置して

岩絵の具と戦いながら制作していました〜

 

 

\ 合評する先生は吉川先生と岩泉先生! /

_MG_5264

 

\ 力作もたくさん!! /

_MG_5271

薄塗りで丁寧に描き込んでいる作品や、厚塗りで力強い作品など

魅力的な作品がたくさんありました。

 

みなさんドキドキしながら分かり易く作品のコンセプトを伝えていました。

先生方もみなさんのコンセプトを聞いて話が盛り上がっていましたよ!

 

次回からの制作も楽しみですね♪!

_MG_5268

/ 最後は吉川先生と生徒の笑顔で… \

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

さてさて、日本画コースブログの記事を見て少しでも気になった方がいましたら、
是非6月に行われる一日体験授業に参加してくださいね!

 

6月体験授業

 

6月12日(日)、以前1年生の授業で紹介をした運筆をします!

 

●専用サイト
http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-12_07-10/

 

●申込みフォーム
https://w2.axol.jp/entry17/kyoto-art/step1?f=67&_ga=1.216592726.175919472.1427789525

 

 

皆さんのご参加、お待ちしてます!

以上、日本画コースでした!

関連記事

<161162163164165>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。