美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年8月1日  授業風景

【油画】前期授業終了~おつかれさま報告~

こんにちは、美術工芸学科・油画コースです○

7/28を持ちまして、前期の授業が無事終了しました。

長いようであっという間でしたね。皆さん、おつかれさまでした。

 

~おつかれさま報告~ …と言うことで、前期のあれこれを振り返ってみましょう。

 

まずは1年生編○↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は前期の初期課題「白い静物」。

入学してすぐ、デッサンと油彩の制作に入りました。出来上がった作品と一緒にパシャリです○

 

そして下は基礎デッサン。

手・小松菜・りんご…などなど。様々なものをモチーフに、描くことの基本となるデッサンを何度も繰り返します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日のモチーフはりんご○

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じりんごを描いていても、の部分に着目するかによって仕上がりが違ってきます。

紙の白に、鉛筆のグレーが綺麗ですね○

 

そしてお次は木炭デッサン↓

野菜・果物・無地の布と柄の布・木製の椅子…。

時間と共に変化するもの・しないもの…。異なる素材を組み合わせて描きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「刻々と変化していくものを、画面の中にどのように留めるのか」 …

日が経つにつれて鮮度を失っていく野菜や果物に、学生さんは四苦八苦。

それでも投げ出すこと無く、みな黙々と画面に向かいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目はモチーフと画面を行ったりきたり。

真剣な眼差しに、教室の空気にも緊張感が生まれます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鉛筆とはまた違った仕上がりですね。

最後に合評を受けて、一つの課題が終了します。

 

次回はその合評風景を紹介予定です○

どうぞご期待ください~。

関連記事

<145146147148149>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。