アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2016年9月5日  イベント

大野左紀子トークイベント 『ダブルヒロインの「距離」』 

 

icon

ASP学科客員教授 大野左紀子先生のトークイベントが静岡の「スノドカフェ七間町」にて開催されます。映画、アートというメディアをモチーフに「距離」についてお話されます。ぜひ足をお運びください。

 

img-905113213-0001

★挿画は、大野先生が描かれたものです

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

メディアひろば Vol.2
トーク:ダブルヒロインの「距離」

スピーカー:大野左紀子(文筆家)
日時:2016月9月17日(土) 19:00〜21:00(受付18:30〜 途中休憩あり)
料金:1,500円(1ドリンク付)
場所:スノドカフェ七間町
静岡市葵区七間町7−8
<ご予約・お問い合せ>
スノドカフェ七間町
電話:054-260-6173(受付時間 11:00~21:00)
メール:お問い合せフォーム

 

近年、従来のヒロイン物語に替わってよく見られる「ダブルヒロインの物語」。
私たちがダブルヒロインに惹きつけられるのはなぜでしょうか。女の友情が美しく描かれているから?
二人のどちらかに必ず感情移入できるから? 恋愛成就で一件落着‥‥にはもう飽きているから?
まだまだ隠された理由がありそうです。映画やドラマに登場したダブルヒロイン物語の二つの系譜、
その「距離」を通して、女性同士の関係性について考えます。

 

■大野左紀子
1959年、名古屋生まれ。文筆家。1982年、東京藝術大学美術学部彫刻科卒業。
20年のアーティスト活動を経て、2003年文筆活動に入る。著書は『アーティスト症候群』(明治書院、2008)、『「女」が邪魔をする』(光文社、2009)、『アート・ヒステリー』(河出書房新社、2012)、『あなたたちはあちら、わたしはこちら』(大洋図書、2015)など。共著は『ラッセンとは何だったのか』(フィルムアート社、2013)、『現代アートの本当の学び方』(フィルムアート社、2014)など。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

asp

 

【予告

9/18(日)19(月祝)

秋のオープンキャンパス

学園祭・作品展が同日開催されます。

アートプロデュース(ASP)学科の様子を体感できるチャンス!!!!!!

概要、申し込みはこちらから

 

 

関連記事

<114115116117118>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。