アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年10月7日  授業風景

【特別講義レポート】『制作と実験』八木良太さん

yagi

10月6日に開催した後期第一回目の特別講義は、アーティストで本学の空間演出デザイン学科の講師もされている八木良太先生に『制作と実験』というテーマでご講義いただきました。

私たちは目で見たり、耳で聞いたりを通してものごとを知覚しますが、その過程で無意識に情報は選別されて、見えているのに見なかったり、聞こえているのに聞いていなかったりしているものごとも存在します。

八木先生はそんな私たちが取りこぼしている世界に関心を持って、メディアを使った作品を制作されてきました。

そこで今回の講義では、これまでの作品紹介を通して、さまざまな「見える/聞こえる」についてお話しいただきました。

 

現役で作品を作り続けているアーティストの生の声を聞くことができて、ASP学科の学生にとってとても貴重な時間となりました。

 

 

学生レポートから

 

・「見える、見えない」をテーマにした作品は非常に興味深いものでした。人間は普通見えた下、見たものを言葉するものですが、今見ている光景をそもそも伝えることは不可能だなということも考えさせられました。八木さんの作品にはこの世界で一度しかない瞬間を感じさせるものが多いと思いました。

 

・作品を見た人が感性で見てくれているおかげで自分が考えている以上のものが始まるというのは、本当にいつもACOPできいていることだなと思ったし、実際に制作をしている人から聞くとよりリアルに感じられました。

 

・作品を見に来たお客さんが感じ取ることは人それぞれ違うし、その違いを共有することは本当に難しいと思います。

 

・八木さんの作品を見ていると、何かと何かを組み合わせることによって、違う見え方や感じ方、発見があるのではないかと問われているかのように感じました。また意識することってこれほど面白いものなんだと改めて感じました。

 

 

asp

 

 

 

 

関連記事

<8384858687>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。