映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月1日  授業風景

映画ゼミIA 東映京都撮影所見学

2013年5月29日

 

2回生の「映画ゼミIA(井上・小川ゼミ)」は、東映京都撮影所を見学いたしました。

制作部次長の高橋剣さんに案内していただき、第一試写室、技術会館ダビングルームと回り、

35ミリフィルムでの仕上げ作業、上映の歴史の説明を受けました。

 

130529_技術会館

 

時代劇を製作するゼミとしては、最も興味あるカツラと衣装。

続いて、俳優会館内にあるメーク室、結髪室、衣装倉庫と回りました。

 

130529_結髪室

 

130529_結髪体験

 

俳優コースの二人が、それぞれ網のカツラ、七分のカツラを、結髪担当者の福本るみさんに付けてもらいました。

 

 

130529_小道具倉庫1

130529_164323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、小道具倉庫のきちんと整理された山のような宝物たちを見て、

武家屋敷のセット、町家のセット、現代劇のセット、最後はオープンセット(東映太秦映画村)と視察しました。

思わず学生の中から「作りたい!」と叫び声も出ました。

 

130529_映画ゼミIA

関連記事

<821822823824825>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。