情報デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2016年12月5日  イベント

-手立てと方便- 研究室スタッフの展示のお知らせ!

 

今回はスタッフの展示のお知らせです!

 

手立と方便_表手立と方便_裏

研究室スタッフとして働きながら、作家として活動している

楠本孝美さんが、

「未来の途中プロジェクト2016 手立てと方便」に出展します!

 

楠本さんは成安造形大学、京都市立芸術大学で版画を学び、

京都工芸繊維大学美術工芸資料館が若手作家の育成支援を目的に実施している

「未来の途中」プロジェクトとして、公募と推薦によって集った

10名の作家のうちのひとりでもあります。

 

▼楠本さんの作品「untitled」

楠本さん作品

今回の展示は、プロジェクト4年目のプログラムとして、

京都にある15 の大学附属ミュージアムのネットワークである「京都・大学ミュージアム連携」と連帯し

京都造形芸術大学ARTZONEならびに京都市立芸 術大学ギャラリー@KCUAとタッグを組み、

さらなる飛躍を目指すため企画されました!

 

また、12/11(日)14:00〜から

出品作家+ニシジマ・アツシ(サウンド・アーティスト)による

アーティストトークも行われます。

 

年末行事のおひとつに、ぜひお立ち寄りください!

 

 

 

【未来の途中プロジェクト2016 手立てと方便】

 

▼場所

ARTZONE(アートゾーン)

〒604 8031 京都府京都市中京区

河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2F

tel 075-212-9676

 

▼会期日時

2016年 12月3日(土)〜25日(日)

平日/13:00〜20:00 土日祝/12:30〜20:00

会期中無休・入場無料

 

▼アーティストトーク

2016年 12 月11 日(日)14:00 – 16:00

出演:出品作家+ニシジマ・アツシ(サウンド・アーティスト)

参加費無料・入場無料

 

 

 

【楠本 孝美 プロフィール】———-

 

2010年成安造形大学 造形学部造形美術科 卒業

2013年京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程絵画専攻 修了

 

個展

2010年 「赤 は 、 の いち ご あ なた で ある。」(GALLERY ARTISLONG/京都)

     

  「赤 は 、の いち ご あ なた で ある。」(パレスサイド・ホテル/京都)

 

グループ展

 

2013年 科学のあとに詩をかくこと(ギャラリー16/京都)

     Little Melodies (HOTEL ANTEROOM KYOTO GALLERY9.5/京都)

     トーキョーワンダーウォール公募2013(東京都現代美術館/東京)

2014年 未来の途中―美術・工芸・デザインの新鋭12人展(京都工芸繊維大学/京都)

   「あれからの、未来の途中 − 美術・工芸・デザインの新鋭12人」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/京都)

2015年 「Slice Pack」(ギャラリー16/京都)

2015年 「オブジェダール もうひとつの未来の途中展」(京都工芸繊維大学D-labアネックスににぎ/京都)

 

 

受賞

2012年 京展「京都市美術館長奨励賞」受賞

 

————————————

 

 

 

スタッフ:ハシジ

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

関連記事

<203204205206207>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。