歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年1月18日  授業風景

料紙装飾を学ぶ!

寒波も少し和らぎ、積もった雪もとけてきていますね!

 

今回のブログは2回生の授業「文化財保存修復基礎演習Ⅱ」の様子をお伝えします。

この授業は歴史遺産や文化財のまつわる基礎的な知識やスキルを身につける授業です。

 

IMG_0036

 

今回は日本画や古典絵画技法にまつわる授業を担当されています

中神先生の授業をレポートします!!

 

DSC_0049 

先生の授業では、前半に仏像や仏閣に彩りを与える繧繝彩色(うんげんさいしき)の制作を学び、

後半には雲母刷りや金箔などを使った料紙装飾を制作します。

 

古来から使われている素材の美しさや古典技法の多様性を学んでゆく授業です。

 

DSC_0029

 

料紙装飾は、一人ひとりが紙や構図を試行錯誤して作ります。

制作者の個性が出るので出来上がりがとても面白いです。

 

DSC_0032

 

とくに修復分野においては、なおすモノがどのように作られているかを知っていることが大切です。

技法について実際に制作しながら学べるのは、歴史遺産学科ならではですね!

 

IMG_0008

IMG_0015

 

顔料や箔や膠などを使うこともはじめての学生もいますが、

手を動かした制作とともに技法を覚えていくので、

飲み込みも早いですし興味を持って取り組むことができます!

 

とてもすてきな作品ができあがりました!

 

 

 

 

 

関連記事

<979899100101>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。