文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年5月10日  ニュース

朝日新聞〈文芸・批評〉欄に掲載されました(卒業生・宿久理花子さん)

 
宿久理花子さん(2011年度卒業)の書き下ろしの詩が、朝日新聞(4月26日夕刊)の〈文芸・批評〉欄に掲載されました。
 

朝日新聞 3面(2017年4月26日 東京・夕刊)

朝日新聞 3面(2017年4月26日 東京・夕刊)


宿久理花子「分別」

宿久理花子「分別」


 
宿久さんは、在学中の2012年「ユリイカ」の新鋭詩人に選ばれ、2015年に第1詩集『からだにやさしい』(青磁社)を刊行し、中原中也賞の最終候補となりました。その後も、ユリイカ等に新作を発表しています。
 
第2詩集の予定はなかなか聞こえてきませんが、楽しみにしています。
宿久さんにインタビューした原稿も、温めたままになっているので、近いうちに掲載したいなと思います。卒業生の活躍が増えてきて、嬉しい毎日です。
 
 
文・スタッフ竹内
 
 
 
 
 

関連記事

<113114115116117>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。