文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2017年6月13日  イベント

1日体験入学、ありがとうございました!

 
日曜日は、1日体験入学オープンキャンパスでした。
文芸表現学科では「もの語りワークショップ」を行ないました。
 
さいしょに、河田先生から小説や物語の〈語り手〉〈視点〉という話があったときは、みんな少し難しそうな顔をしていましたが、短い映像をみて、その場面を小説にしてみるというワークショップを実際にやるなかで、〈語り手〉とか〈視点〉といったことをどう活かせばいいのか、なんとなく感じてもらえたのではないかなと思います。
 

語り手について講義する河田先生

語り手について講義する河田先生


170611_04
170611_05
みんな真剣に原稿用紙に向かっています

みんな真剣に原稿用紙に向かっています


170611_06
 
ふだんの授業では、みんなの書いた課題を読み、互いに意見を交換する「合評」ということをやります。
とはいえ、いきなり課題を発表するのはハードルが高いので、今回は2年生の書いた文章を紹介しました。体験入学の少し前に、おなじ課題をやったものですが、「さすが先輩。うまく表現するなあ!」と思ってもらえたら嬉しいです。
 
語り手や視点といった、書くために知っておくといいテクニックのようなものは、入学してから深く学ぶことができます。体験入学では、「何を表現したいか」をまずイメージして、そのために「どう書くか」を選択するんだ、ということが伝わっているといいなと思います。
 
 
カフェの教員相談コーナーでは、学科で学べることや、入試のこと、学生生活のこと、などなどたくさん質問に来てくれました。4月に配った『BUNGEI WORK BOOK』の課題をさっそく持ってきてくれたり、自分の小説を持ってきてくらた方もたくさんいて、とても嬉しかったです。
 
IMG_0686
 
170611_01
 
来月も1日体験入学オープンキャンパスがあります。
次回は、エッセイを書いてみるので、ぜひこちらもご参加をお待ちしています!
 
オープンキャンパスの詳細・お申し込みは、下記よりご覧ください!
 
170607_b
 
 
スタッフ・竹内
 
 
 
 
 

関連記事

<101102103104105>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。