マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年10月26日  授業風景

DIGアワード説明会

今日は1・2年生合同でDIGクリエイティブアワードの説明会&最新機器の体験会を行いました。

 

chayamanga_blog_696_0
DIGクリエイティブアワードとは・・・
http://dig-award.com/
コミックだけでなく、小説、イラストも含めた門戸の広い賞です。
誰かが書いた小説に誰かが描いたイラストが表紙として使われたりといった
応募者同士でのコラボレーションも出来るそうです。

応募する際には簡単に電子書籍のような形でアップできます。
他の応募者の作品も見られるので面白い仕組みですね!

今日参加した学生良いチャンスと捉えて沢山応募して欲しいものです。

 

 

chayamanga_blog_696_2 chayamanga_blog_696_1

また、前半には専らPCを使ってマンガを描いていらっしゃる
へいたろう先生のお話もありました。
PCや周辺機器の発達により、仕事場以外でも東京にいなくても
仕事は十分にできる時代になっているということが改めて感じられました。

その後は、実際にペンタブレットを使っての体験会となりました。
本学のマンガ学科ではまずは手描きの技を身につけ、
3年生から希望者がPCでマンガを描く技術を学びます。
ただ、自己流で各種描画ソフトを使える学生も多いので、
初めて使う学生から手馴れた学生と色んなレベルが混在する体験会となりました。

 

chayamanga_blog_696_5 chayamanga_blog_696_4 chayamanga_blog_696_3

初めて使う学生からはひとつひとつの動作を教えるたびに「すごい!」と歓声が。

手描きの良いところ、PCの良いところを理解した上で
自分に合う表現方法を見つけていって欲しいですね。

関連記事

<402403404405406>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。