マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年10月11日  授業風景

視覚言語論Ⅱ~手話講座~

視覚言語論Ⅱで特別講師の青木 毅先生を招いて
全三回の手話講座がはじまりました。

 

chayamanga_blog_695_0

ストーリーマンガとは、『物語が作れるかどうか』が大切な要素です。
そして、その物語を文章ではなく、視覚言語で表現するのがマンガです。

視覚言語の代表的なものに『手話』があります。
音声言語を母語としない人たちのコミュニケーション手段から視覚言語の文法を学んで頂きたいと、実際に聴覚に障害のある方を講師にお迎えして講義をして頂いております。

青木先生は去年も来てくださいました。

 

chayamanga_blog_695_2

青木先生も
『私は、子供の時に絵本やマンガに出会って
 いろんな言葉や音、そして表情を覚えました。』

とおっしゃっていました。

マンガは面白かったり、人を感動させるだけではなく、
そういう風にも役に立つことができることを知って、マンガの深さを改めて実感しました。

 

chayamanga_blog_695_1

これから全三回の中で、学生たちが視覚言語について学び
より深いマンガがかけたらいいな、と思います。

関連記事

<415416417418419>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。