こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2017年7月11日  イベント

1日体験入学にご参加いただきありがとうございました!!

みなさんこんにちは!こども芸術学科です。

京都造形芸術大学では、7月9日に1日体験入学が開催され、こども芸術学科は「ものがたりをつくる」という授業を行いました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

その授業の様子をご紹介します。

今回授業を担当されたのは、平野先生と、特別ゲスト・クラリネット奏者、アンドレアスさんです。

平野先生の専門分野は、幼児教育学、多文化保育(日本ではない国にルーツを持つこども達の保育)です。

アンドレアスさんはドイツのご出身で、日本では俳優業もされているそうです。

(写真左:平野先生・写真右:アンドレアスさん)

IMG_8675

多様な絵本・物語の演出の紹介として、まず最初に、ミヒャエル・エンデが作った「まぬけなメガネ蛇」という話を朗読しながら、クラリネットと電子ピアノの演奏する、という表現方法を見せました。IMG_8692

圧巻のパフォーマンスに、参加者の瞳はくぎずけ!クラリネットの生演奏を真剣に聞いていました。

そして次はこども芸術学科4年生の高村さんが「PRESS HERE」という絵本を英語で読み聞かせしてくれました。

IMG_9098

「PRESS HERE」は聞き手参加型の絵本で、ページをめくると「きいろの丸をさわってみよう」その次は「絵本を上下に振ってみよう」というように様々なミッションがでてきます。「手をたたこう」をしてみると・・・丸がどんどん大きくなっていきます!参加者からも思わず「わっ!」という声があがり次は何が起こるのか わくわくしながら聞いているのが伝わってきました。

 

さてさて、存分にインプットしたら、次はアウトプットの時間です。「カミナリ」というテーマで物語の起承転結を考えて、4枚の紙芝居に表現していきます。

IMG_8798

IMG_8971

制作時間は、あっという間に終了!作った紙芝居を、順番に発表していきます。

IMG_9017  IMG_9041  IMG_8824 

皆さん、読む役割を変えたり、効果音を入れたりと、上手に工夫して発表していました!

100分の授業の中で、今日初めて会った人といきなりグループを組んで、話し合うのは難しかったと思いますが、お互い協力して、1つの作品を完成させ、さらにそれを発表することができたのはすごいことだと思います!

 

参加された方の多くに「みんなと協力することができてよかった」という感想をいただきました。

こども芸術学科は、自分を含め、人と向き合い、関わっていく事で、たくさんの「気づき・築き」を見つけられる学科です。この1日体験入学を通してこども芸術学科に興味がわいた方、7月22・23日に本学で行われる真夏のオープンキャンパスに是非お越しください!詳細はコチラ→http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-22_07-23/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【7月からの入試関連スケジュール】
◎7/22、7/23 真夏のオープンキャンパス(入試対策にぜひ!相談ブースあります!)
◎8/1 夏期AO入試エントリー期日(※必着!)
◎8/4~8/7 夏期AO入試

7/22、7/23夏のオープンキャンパスでは、なんと!
夏期コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)エントリー予約ができます!
 忘れないうちに予約しちゃいましょう!

関連記事

<107108109110111>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。