こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月15日  授業風景

音楽の授業をのぞいてみました|1年次「こども芸術研究Ⅱ」

 

毎週金曜日の朝は研究室にピアノの音色や楽しい歌声が響いています。

 

そこで1回生の音楽の授業をのぞいてみました。

 

 

IMG_0102

先ずは、個別レッスンブースで蜂谷先生のレッスン。

 

IMG_0113

そして、佐々木先生。 丁寧に指導されていました。

 

 

 

IMG_0119

こちらは、ピアノ全くの初心者の名畑くんを指導する佐渡先生。

 

IMG_0114

そして、声楽の木澤先生のレッスンも。

 

音楽の担当の先生方は、みな現役のプロ音楽家。熱意と迫力がありました。

 

こんなに丁寧に指導を受けたら、私も弾けるかな?

 

 

大学に入ってはじめてピアノに触れたという学生も多いのですが、初心者でも大丈夫。

 

練習すれば弾き歌いまでできますと 蜂谷先生からコメントをいただきました。

 

こども芸術学科は芸術と保育、教育について、さまざまな角度から学べて楽しいですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いよいよ明日、体験授業オープンキャンパスです。ぜひ!ぜひ!来てください!!!

 

6月16日(日)「体験授業オープンキャンパス」です。

こども芸術学科の授業内容は、

「世界に一つだけのクレヨンを手づくりしてみよう!」です。

 

えっ!クレヨンって自分でつくれるの?、と思うでしょ!つくれるんですよ。

先着順で定員があります。興味のある高校生のみなさん!まだ間に合いますよ。

詳しくはこちらを見てください。待ってま〜す。

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/program/

 

 

(浦田雅夫:教員/子ども家庭福祉・学校臨床)

 

 

 

関連記事

<337338339340341>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。