歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年10月11日  ニュース

講演のご案内 国際フォーラム「地域文化の再発見」-大学・博物館の視点から

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

今回は、歴史遺産学科教授の伊達仁美先生と歴史遺産学科4回生 森 加奈子さんの講演のご案内です。

 

 

10月21日(土)~22日(日)に

国際フォーラム「地域文化の再発見」-大学・博物館の視点から

が別府大学にて開催されます!

 

旧真田山陸軍墓地(大阪市天王寺区玉造本町)の保存についての発表です。

旧真田山陸軍墓地とは、明治4(1871)年に当時の兵部省が設置し、

昭和20(1945)年の終戦に至るまで陸軍が管理していた墓地です。国内最大規模で、現在でも5,299基の墓石があります。

しかし多くは和泉砂岩製で、劣化の進行が懸念されることから保存処置が必要となっています。

 

歴史遺産学科の学生たちは代々、授業や本学附置研究機関である

日本庭園・歴史遺産研究センターの活動などで旧真田山陸軍墓地の保存にかかわってきました。

 

 

伊達仁美先生は「学生とともに行う旧真田山陸軍墓地和泉砂岩製墓石の強化処理」、

4回生の森加奈子さんは蒼山会(本学の保護者会)の研究助成を受けて実施した「旧真田山陸軍墓地展示室の再構築」を、それぞれ発表します。

 

 

 

お二人の発表は10月22日(日)です。

 

 

詳細は下記をご覧ください。

ぜひご参加ください!

 

 

 

 

 

——————————————————————————————————————–

国際フォーラム「地域文化の再発見」-大学・博物館の視点から

日時:2017年10月21日(土) 10:00~17:15

   2017年10月22日(日) 13:00~16:30

会場:別府大学メディア教育・研究センター4階 メディアホール

お問い合わせ:国際フォーラム「地域文化の再発見―大学・博物館の視点から」

事務局TEL:080-3776-8688

——————————————————————————————————————–

 

 

20170926160626-0001

 

 

 

20170926160655-0001

 

 

関連記事

<6869707172>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。