こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月23日  授業風景

【授業紹介】ファブリックボード制作

2年生の造形基礎Ⅲの授業では、木材を使った制作を行います。こどもの環境においても、木の素材はとても相性のいい素材です。木を素材とした造形を通して、形作ること、木の性質などを学び、ものづくりを体験します。

 

これまでの授業で、木材の種類、重さ・硬さ・匂いに触れ、素材を理解し、自分でデザインを考えたバターナイフを制作しました。そして今回は、ファブリックボード制作を行いました。

 

バターナイフもちらっとご紹介!形や使いやすさ、さわり心地、それぞれのこだわりが詰まったものになっていました。

IMG_1144  IMG_1192  IMG_1181

◆◆ここで解説◆◆◆◆◆

ファブリックパネルとは木製のパネルに布(ファブリック)を貼り付けたインテリアの総称です。( ファブリックボード、アートボードなどと呼ばれたりもします。) 絵を飾るように壁に布を飾る。 ファブリックパネルは北欧やヨーロッパの国々で昔から親しまれてきました。

今回作るファブリックボードがコチラ(昨年の2年生が作ったものです)

IMG_4217

 

凸凹に加工した木材を直角に接合して木枠を作り、そこに布を張ることで、ファブリックボードが完成します。

木材にはあらかじめ自分で線を引き、その通りにノミで削ろうとするのですが、木目の流れや節の位置によってノミの入り具合が違い、なかなか思い通りにいかないようです。

IMG_1155

IMG_1153

IMG_1182

さて、ノミでの加工が終わったらいよいよ組み立ての作業です。

凸凹の部分を組んだ状態にし、電動ドリルで細い穴をあけていきます。穴を開ける場所を確認しながら狙いを定めて…

IMG_1189

そして穴をあけた場所にボンドを付けた竹串を打ち込んでいきます。余った部分は手で折った後、ノミで削り取ります。竹串が釘の役割をするとは…!IMG_1166

IMG_1186

枠が仕上がったら、ヤスリを掛けて表面を滑らかにしていきます。完成まであと少し!どんなファブリックボードが出来上がるか楽しみです。

                                          (大塚:スタッフ)

 

 

関連記事

<9596979899>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。