こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月17日  授業風景

【授業紹介】石膏に、色と形を写し取ろう 石膏版画

今週に入って本格的に冷え込んできましたね。大学の紅葉にも深みが出てきました。

 

さて今回は、授業内に行った石膏版画をご紹介します。

石膏版画といっても、固まった石膏を削り、版を作るというものではなく、版に付けた色や模様を石膏に写し取る、という事を行いました。

IMG_0980

前回の授業では、段ボールや紐、プチプチなどを組み合わせ、接着して形を作り、できたものにラッカ―スプレーかけ、版を作りました。

そして今回はいよいよ、版に色を付け、そのあと石膏に写し取っていく作業を行います。

まずは、版に赤・黄・青の油絵の具で色をつけていきます。

IMG_0998

IMG_1019

IMG_1000

IMG_1011

絵の具を塗り終わったら、版の上に石膏を流していきます。混ぜた時にどろどろっとした状態がベストですが、水分が多い場合、薄く広がって固まると折れやすくなるので、2回くらいに分けて石膏を流して、少し厚くするのがポイントです。

IMG_1064

IMG_1058

IMG_1071

IMG_1074

石膏が固まったら、版をはがします。石膏に埋もれているので、はがすだけでも一苦労です。

IMG_1116

IMG_1115

版をはがすと、版の色と形が石膏に移りきれいな模様を浮かび上がらせます。

IMG_1142

IMG_1140

IMG_1136

先生曰く、たくさん油絵の具をのせたからといってきれいに石膏に移るわけではないんだそうです。

石膏の配合にもポイントがあるのかもしれませんね。次はどんな素材が出てくるのか楽しみです!

 

                                    (スタッフ:大塚)

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<116117118119120>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。