アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月20日  授業風景

「ファシリテーション」って何だろう?中野民夫さん特別講義

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中野さんの授業は、開始前から『一の技』が始まっていました。ファシリテーションの基本技その1、場つくり。今日の授業の座席は”くじ”で決定のため、いつもの仲良し同士の並びではありません。いすや机の並び方で、全然雰囲気が変わります。3人グループという小グループだと話しやすい。これ、ファシリテーション『二の技』グループサイズ。ちょっとうれしかった事などグループの人に話します。

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは何に「光」を感じますか?の質問をもとに、自分の惹かれているもの、自分にとっての「土」「空気」「水」などについて画用紙に書いていきました。身近な問いをあげる『三の技』。

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『四の技』は”見える化”。グループでお互いに言葉で自分のこと、思いを分かち合います。ASPの先生方も学生に交じって参加しました。流れのあるプログラム(『五の技』)の中、ミニワークショップを体験しながらファシリテーションの技(スキル)を学びました。

 

■学生の感想

「自分のことを見つめなおしたり、他の人のことも知ることができた」

「思いや経験をお互いに引き出しあったり、創造していったり、ACOPに似ている」

「ACOPのナビゲーションやARTZONEの場づくりに活かしたい」

 

■おまけ:福学科長の「光と水と土」!!

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—————-
◎研究室運営のホームページはこちら

関連記事

<410411412413414>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。